<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

露の玉垣

評価:
乙川 優三郎
新潮社
¥ 1,575
(2007-06)
Amazonランキング: 270384位

JUGEMテーマ:読書
 大火や洪水、旱魃に見舞われ、藩の財政は常に逼迫していた。
国を思いながら一度の過ちで追放の身となった忠臣の決意、子宝に恵まれずに離縁された主家の女を見舞う下僕の情。
困難に立ち向かう者もいれば、押しつぶされる者もいた…。
儚い家臣の運命と武家社会の実像を描く連作短篇集。
続きを読む >>
2010.04.17 Saturday 21:02 | comments(0) | - | 

麗しき花実

評価:
乙川 優三郎
朝日新聞出版
¥ 1,890
(2010-03-05)
Amazonランキング: 6172位

JUGEMテーマ:読書
 朝日新聞朝刊に連載された乙川優三郎氏の力作の単行本化。
松江で蒔絵師の一家に育った主人公理野は、兄の修行に付いて江戸にのぼる。
厳しい修行の途上で兄は亡くなるが、理野は田舎に帰らずそのまま工房で蒔絵職人として身を立てようと決意する。
羊遊斎や酒井抱一など実在の芸術家の中にたくみに虚構の人物を組み合わせ、江戸の町を背景に、女性の立場から見た江戸職人の世界を描く時代小説の傑作。
続きを読む >>
2010.04.02 Friday 11:00 | comments(0) | - | 

闇の華たち

評価:
乙川 優三郎
文藝春秋
¥ 1,470
(2009-04)
Amazonランキング: 11287位
JUGEMテーマ:読書


巻き込まれるように友人の仇討ちをすることになった侍の心を描く『花映る』、不埒を働き悪名を馳せる武士と、茶屋の女中として働く武家の娘―客と女中として茶屋で再会した幼馴染二人の人生が交差する『悪名』、桜田門外の変を佐倉藩の隠密の目から描いた意欲作『面影』など全六篇の傑作短篇を収録。
内容(「BOOK」データベースより)
続きを読む >>
2009.05.25 Monday 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |