<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

千年鬼

評価:
西條奈加
徳間書店
¥ 1,680
(2012-06-14)
Amazonランキング: 257238位

JUGEMテーマ:読書
 友だちになった小鬼から過去世を見せられた少女は、心に“鬼の芽”を生じさせてしまう。
小鬼は彼女を、宿業から解き放つため、千年にわたる旅を始める。
続きを読む >>
2012.07.20 Friday 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

朱龍哭く 弁天観音よろず始末記

評価:
西條 奈加
講談社
¥ 1,470
(2012-02-21)
Amazonランキング: 66819位

JUGEMテーマ:読書
 お侠な小町娘のお蝶と、物腰穏やかな色白美人の沙十。
人呼んで“弁天観音”美人姉妹と、次々と現れるクセ者の男たち。一本気な枡職人、ワケあり破戒坊主、無愛想な若侍、好色な若旦那。
かしましくも賑やかな日々の裏、お蝶を狙う影が迫っていた…。
続きを読む >>
2012.03.22 Thursday 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 

涅槃の雪

評価:
西條奈加
光文社
¥ 1,470
(2011-09-17)
Amazonランキング: 194765位

JUGEMテーマ:読書
 どんな禁令も、人の心は縛れない。  新任の北町奉行・遠山景元の信頼厚い吟味方与力・高安門佑は、ある事件をきっかけに、お卯乃という元女郎と同居することになった。
口のきき方も知らず家事もできないお卯乃だが、話し相手としては悪くない。そう思いはじめた矢先、天保の改革が発布され、江戸の世情は一変した。
遠山は南町奉行・矢部定謙とともに、改革を主導する老中首座・水野忠邦と対立する。
そんな両奉行と門佑たちの前に、冷酷非情と恐れられる目付・鳥居耀蔵が立ちふさがった。
厳しい締め付けに生気を奪われた江戸、そして、門佑とお卯乃の行く末は--。
続きを読む >>
2011.11.11 Friday 13:24 | comments(0) | - | 

四色の藍

評価:
西條 奈加
PHP研究所
¥ 1,575
(2011-05-14)
Amazonランキング: 6906位

JUGEMテーマ:読書
 夫を何者かに殺された藍染屋の女将は、同じような事情を抱える女たちと出会い……。
女四人の活躍と心情を、気鋭が描く痛快時代小説。
続きを読む >>
2011.06.17 Friday 15:58 | comments(0) | - | 

御師弥五郎―お伊勢参り道中記

評価:
西條 奈加
祥伝社
¥ 1,680
(2010-10-29)
Amazonランキング: 146827位

JUGEMテーマ:読書
 弥五郎はお伊勢参りの案内役、「御師」の手代見習。
そのくせ「御師は盗人」といってはばからない変わり者。ある日、弥五郎は日本橋の材木商・巽屋清兵衛が賊に襲われているところを助ける。
それが縁で、清兵衛のお伊勢参りに付き合う羽目に。旅の道連れは妙に婀娜っぽいお妾さんや口やかましい下っ引きなど、たいそう賑やかな面々。
道中の名物や景色もまた格別。だが、行く先々でなぜか清兵衛が狙われ、弥五郎自身にも伊勢を訪れたくない理由があって…。
続きを読む >>
2010.12.07 Tuesday 15:35 | comments(0) | - | 

烏金

評価:
西條 奈加
光文社
¥ 1,470
(2007-07)
Amazonランキング: 294379位

JUGEMテーマ:読書
 因業な金貸し婆・お吟のもとで押しかけ居候を始めた浅吉。
職がないという浅吉は、金貸し業の手伝いを申し出た。浅吉は、新しい発想で次々と焦げ付いた借金
をきれいにし、貧乏人たちを助けつつ利益を上げていく。
しかし浅吉には実は秘密の目的があり、大金を手に入れるために素性を偽ってお吟に近づいたのだった。
お吟はまるで烏(からす)のように、溜め込んだ金をどこかに隠している。
はたして浅吉は、大金をせしめることができるのか?
浅吉の相棒・烏の勘左も大活躍。
続きを読む >>
2009.09.24 Thursday 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |