<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

微笑む人

評価:
貫井 徳郎
実業之日本社
¥ 1,575
(2012-08-18)
Amazonランキング: 3864位

JUGEMテーマ:読書
 エリート銀行員の仁藤俊実が、意外な理由で妻子を殺害、逮捕・拘留された安治川事件。
犯人の仁藤は世間を騒がせ、ワイドショーでも連日報道された。この事件に興味をもった小説家の「私」は、ノンフィクションとしてまとめるべく関係者の取材を始める。
周辺の人物は一様に「仁藤はいい人」と語るが、一方で冷酷な一面もあるようだ。
さらに、仁藤の元同僚、大学の同級生らが不審な死を遂げていることが判明し……。
仁藤は本当に殺人を犯しているのか、そしてその理由とは!?
貫井氏が「ぼくのミステリーの最高到達点」と語る傑作。読者を待つのは、予想しえない戦慄のラスト。
続きを読む >>
2012.10.03 Wednesday 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

新月譚

評価:
貫井 徳郎
文藝春秋
¥ 2,205
(2012-04)
Amazonランキング: 24939位

JUGEMテーマ:読書
 八年前に突然絶筆した作家・咲良怜花は、若い編集者の熱心な復活のアプローチに、自らの半生を語り始める。
そこで明かされたのは、ある男性との凄絶な恋愛の顛末だった―。
続きを読む >>
2012.06.02 Saturday 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

灰色の虹

評価:
貫井 徳郎
新潮社
¥ 1,995
(2010-10)
Amazonランキング: 35300位

JUGEMテーマ:読書
 身に覚えのない殺人の罪。それが江木雅史から仕事も家族も日常も奪い去った。
理不尽な運命、灰色に塗り込められた人生。
彼は復讐を決意した。ほかに道はなかった。
強引に自白を迫る刑事、怜悧冷徹な検事、不誠実だった弁護士。
七年前、冤罪を作り出した者たちが次々に殺されていく。
ひとりの刑事が被害者たちを繋ぐ、そのリンクを見出した。
しかし江木の行方は杳として知れなかった…。
彼が求めたものは何か。次に狙われるのは誰か。
あまりに悲しく予想外の結末が待つ長編ミステリー。
続きを読む >>
2011.01.26 Wednesday 08:29 | comments(0) | - | 

後悔と真実の色

評価:
貫井 徳郎
幻冬舎
¥ 1,890
(2009-10)
Amazonランキング: 7087位

JUGEMテーマ:読書
 あの強固な呪縛から、いつか解き放たれたかった。
若い女性を襲い、死体から人指し指を切り取る連続殺人魔「指蒐集家」が社会を震撼させている。
警察は、ネットでの殺人予告、殺害の実況中継など犯人の不気味なパフォーマンスに翻弄され、足がかりさえ見えない。その状況下、捜査一課のエース、西條輝司はある出来事を機に窮地に立たされていた―。これは罠なのか?被害者たちにつながりはあるのか?犯人の狙いは何か?
緻密な構成で不器用に生きる男たちを活写する傑作長編。
続きを読む >>
2009.12.03 Thursday 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |