<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

四十八人目の忠臣

評価:
諸田 玲子
毎日新聞社
¥ 1,890
(2011-10-12)
Amazonランキング: 28363位

JUGEMテーマ:読書
 愛する磯貝十郎左衛門と浪士たちのため、討ち入りを影から助け、その後、浪士の遺族の赦免、赤穂浅野家再興を目指し、将軍家に近づいた実在の女性。
浪士と将軍に愛された女性。
続きを読む >>
2011.11.09 Wednesday 11:12 | comments(0) | - | 

幽霊の涙−お鳥見女房

評価:
諸田 玲子
新潮社
¥ 1,575
(2011-09)
Amazonランキング: 6955位

JUGEMテーマ:読書
 父と夫も務め、深い傷を二人の心と家族に残したお鳥見役のあの陰働き。
他国で不穏な動きを探る長男の久太郎が行方知れずに。留守を預かる珠世と家族それぞれにも苦難が降りかかる。
続きを読む >>
2011.11.02 Wednesday 11:31 | comments(0) | - | 

お順 下 勝海舟の妹と五人の男

評価:
諸田 玲子
毎日新聞社
¥ 1,680
(2010-12-04)
Amazonランキング: 9873位

JUGEMテーマ:読書
 夫の暗殺、滅びゆく幕府の運命を一手に担う兄。
夫の仇討ちを願うお順は、謎の剣客と恋に落ちる。
幕末から明治を力強く生きた女性を描く歴史小説。
続きを読む >>
2011.02.04 Friday 10:09 | comments(0) | - | 

お順 上 勝海舟の妹と五人の男

評価:
諸田 玲子
毎日新聞社
¥ 1,680
(2010-12-04)
Amazonランキング: 10287位

JUGEMテーマ:読書
 自らの意志を貫き、愛に生きたおきゃんな江戸娘・お順の波瀾の生涯。
兄の剣の師との叶わぬ恋の末、佐久間象山に嫁ぐも・・・。
続きを読む >>
2011.02.04 Friday 10:02 | comments(0) | - | 

炎天の雪(下)

評価:
諸田 玲子
集英社
¥ 1,995
(2010-08-05)
Amazonランキング: 229400位

JUGEMテーマ:読書
 五箇山に流された大槻伝蔵の甥の救出に失敗し荒れて、博打と遊女におぼれる与左衛門。
息子の当吉を武家奉公に出し、淋しさに耐える多美の心の支えは佐七。
凶作続きの不安な世情、追い打ちをかける大火。史上名高い加賀騒動と世を騒がせた大盗賊、ふたつの事件が絡みあい、重なり合う。
炎のるつぼのような城下で織りなす男と女の数奇な物語。
続きを読む >>
2010.09.02 Thursday 08:38 | comments(0) | - | 

炎天の雪(上)

評価:
諸田 玲子
集英社
¥ 1,995
(2010-08-05)
Amazonランキング: 231269位

JUGEMテーマ:読書
 息子の当吉と親子三人ひっそりと暮している与左衛門と多美。
そんな生活に波が立ち始めたのは、佐七が出牢してからだ。佐七は加賀騒動で失脚した大槻伝蔵が慈しんだ「たみ」を捜し、配流された遺児たちの救出を心に誓っていた。
大槻残党に異様にくみしていく与左衛門だが…。
駆け落ちをして夫婦になった細工人の白銀屋与左衛門と武家の娘、多美。そして加賀騒動の生き残り鳥屋佐七。
宝暦の世、苛酷な運命に巻き込まれた男と女の、熱く激しく切ない物語。
続きを読む >>
2010.09.01 Wednesday 08:38 | comments(0) | - | 

思い出コロッケ

評価:
諸田 玲子
新潮社
¥ 1,575
(2010-06)
Amazonランキング: 14407位

JUGEMテーマ:読書
 あんな女のどこに惹かれ、夫は家を出たのか。
女の嘆き、男のぼやき、昭和の残り香…。
亡き師、向田邦子に捧げる恋愛・家族小説集。
続きを読む >>
2010.08.03 Tuesday 09:48 | comments(0) | - | 

きりきり舞い

評価:
諸田 玲子
光文社
¥ 1,680
(2009-09-18)
Amazonランキング: 103814位

JUGEMテーマ:読書
 『東海道中膝栗毛』の著者である十返舎一九の娘、舞。
酒に目がなく、時に奇行に走る父の一九には彼女も呆れ果てていた。
小町娘と褒めそやされてきた舞だったが、せっかくの縁談もぶち壊され通し。おまけに一九の押しかけ弟子、今井尚武には自信たっぷりに言い寄られるわ、友人で葛飾北斎の娘、お栄は勝手に家に転がり込んでくるわ、騒動が絶えない。
そんな舞を見初めた武家の若者、野上一之助…。
今度こそ舞の恋は実るのか!?―。
続きを読む >>
2009.10.27 Tuesday 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

楠の実が熟すまで

評価:
諸田 玲子
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2009-07-29)
Amazonランキング: 43075位

JUGEMテーマ:読書
 将軍家治の安永年間、帝がおわす京の禁裏では、出費が異常に膨らんでいた。
経費を負担する幕府は頭を痛め、公家たちの不正を疑う。
が、確証はなく、探索に送り込んだ者たちも次々に命を落とす。
御徒目付の中井清太夫は、最後の切り札として、姪の利津に隠密御用を命じる。
御取次衆の下級公家、高屋康昆のもとに嫁ぎ、証拠を押さえるのだ。
期限は秋、楠の実が熟すまで。
利津はひとり、敵方に乗り込む…。
女隠密、利津の運命は。
続きを読む >>
2009.09.15 Tuesday 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

美女いくさ

評価:
諸田 玲子
中央公論新社
¥ 1,890
(2008-09)
Amazonランキング: 34541位
JUGEMテーマ:読書


仲を裂かれた最初の夫への思慕、養父・秀吉への怨み、長姉・淀殿との訣別を胸に、ついには将軍の御台所にまで上り詰めた小督だったが。。。
続きを読む >>
2008.12.22 Monday 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>