<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

国境の雪

評価:
柴田 哲孝
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 2,499
(2013-02-01)
Amazonランキング: 139658位

JUGEMテーマ:読書
 2010年冬、喜び組の崔純子は国家最高機密とともに脱北、中国に入った。亜細亜政治研究所長・甲斐長州の意を受けた工作員・蛟竜は、ハルビンで純子を確保し、中国から脱出を図る。
しかし、北朝鮮国家安全保衛部の朴成勇と中国国家安全部の厳強幹は、純子と蛟竜の行方を執拗に追い続ける。次第に追いつめられる二人。
さらに純子の持つ国家機密をめぐり、各国の諜報機関が暗躍する。日本を目指す二人が国境で見たものは何か…。純子と蛟竜が手にした国家機密が明るみに出た時、世界が大きく揺れ動いた…。
続きを読む >>
2013.03.13 Wednesday 13:35 | - | - | 

狸汁 銀次と町子の人情艶話

評価:
柴田 哲孝
光文社
¥ 1,575
(2009-11-19)
Amazonランキング: 281866位

JUGEMテーマ:読書
 政財界の大物がお忍びで通う「味六屋」。三年ほど前に流れ板の銀次と女房の町子が、麻布十番に小さな料理屋を持った。
ある日、料理の腕を見込んで馴染みの政治家から奇妙な注文が入る。
接待する客は「人喰い唐玄」の名で知られる右翼の重鎮。
はたして銀次はその男を満足させることができるのか…。表題の『狸汁』ほか、『初鰹』、『鯨のたれ』、『九絵尽し』、『鱧落とし』、『鮎うるか』…、読めば口に唾の溜まる極上の短編集。
続きを読む >>
2010.03.02 Tuesday 12:38 | - | - | 
 | 1 / 1 PAGES |