<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

冬のいた場所

評価:
外川 奈佳子
幻冬舎ルネッサンス
¥ 1,470
(2010-03-05)
Amazonランキング: 412109位

JUGEMテーマ:読書
 東京で学生生活を送っていた瓔子は、ひとりの男と気まずく別れ、故郷・新潟の町に戻ってきた。
24歳の彼女は、伯母のところに下宿しながら図書館で臨時職員として働き、童話をこつこつと書き続けている。
伯母の家は大正中期に建てられた古い町屋造りで、冬の間だけ高校生数人が下宿している。
瓔子は下宿生のひとり・豪と親しく言葉を交わすようになり、遠慮のない物言いをする彼のことが、どこか気になりだす。
そして30年たった今も、瓔子は相変わらず冬の下宿屋をいとなんでいた。そんなある日、かつての下宿人・豪と再会。30年の時を経て、心が通い合う瞬間を描いた大人の純愛小説。
続きを読む >>
2010.03.23 Tuesday 21:20 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |