<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

たったひとり

評価:
乾 ルカ
文藝春秋
¥ 1,575
(2013-01-20)
Amazonランキング: 197848位

JUGEMテーマ:読書
 なぜ俺たちは戻ってきてしまうんだ!?半壊したラブホテル。
廃墟探索サークルの男女5人を襲うタイムループ。
極限状況で剥きだしになるエゴ、渦巻く愛憎。悪夢を脱するため、たったひとりの犠牲の山羊となるのは誰か?驚愕の新感覚ホラー。
続きを読む >>
2013.02.14 Thursday 10:59 | - | - | 

ばくりや

評価:
乾 ルカ
文藝春秋
¥ 1,575
(2011-10)
Amazonランキング: 117020位

JUGEMテーマ:読書
 ご不要になったあなたの能力お取り替えします。北の街の路地裏に、その店はあった―。
ハンサムでもないのに異常に女にもてる、就職した会社が必ずつぶれる。
古い自分を脱ぎ捨てるため、「ばくりや」を訪れた者たちの運命は。
続きを読む >>
2011.12.05 Monday 10:22 | comments(0) | - | 

四龍海城

評価:
乾 ルカ
新潮社
¥ 1,680
(2011-07)
Amazonランキング: 267575位

JUGEMテーマ:読書
 健太郎の家の近くの海に、ずっと前から不気味な塔が建っている。
地図にもインターネットにも載っていない、謎の建物。
夏休みの最初の午後、憂鬱な気持ちで海岸にいた健太郎は、気が付くとその塔に「さらわれ」ていた。そこには感情がなくなった人々の群、閉じ込められた十数人の大人たち、そして昏い目をした少年、貴希がいた。
健太郎と貴希は次第に心を通わせ、塔を出るための「出城料」を共に探し始める…。
少年たちのある夏、切なすぎる冒険譚。
続きを読む >>
2011.09.07 Wednesday 16:20 | comments(0) | - | 

てふてふ荘へようこそ

評価:
乾 ルカ
角川書店(角川グループパブリッシング)
---
(2011-05-31)
Amazonランキング: 49784位

JUGEMテーマ:読書
 
ある街の高台に佇むおんぼろアパート「てふてふ荘」。
敷金礼金なし、家賃はわずか月一万三千円、最初の一ヶ月は家賃をいただきません。
この破格の条件の裏には、ある秘密があって……。
続きを読む >>
2011.07.14 Thursday 08:52 | comments(0) | - | 

六月の輝き

評価:
乾 ルカ
集英社
¥ 1,470
(2011-01-26)
Amazonランキング: 78717位

JUGEMテーマ:読書
 戻りたい──いちばん美しい季節の光の中へ
同じ誕生日、隣同士の家に生まれた美奈子と美耶。
互いに「特別」な存在だった。
11歳の夏、美耶の「ある能力」がふたりの関係に深い影を落とすまでは・・・。
純粋な想いが奇跡をよぶ、「絆」の物語。
続きを読む >>
2011.03.03 Thursday 14:25 | comments(0) | - | 

蜜姫村

評価:
乾 ルカ
角川春樹事務所
¥ 1,575
(2010-10)
Amazonランキング: 70120位

JUGEMテーマ:読書
 変種のアリを追って、東北の山村に迷い込んだ、東京の大学の講師で昆虫学者の山上一郎は、瀧埜上村の仮巣地区の人々に助けられ、命をとりとめた。
翌年、山上は医師でもある妻の和子を説得し、一年間のフィールドワークのために、再び仮巣地区を訪れた。
この村には医師がいなかったため、和子にとってもそれはやりがいのある仕事に思えたのだった。
優しくて、親切な村の人々。だが、何日かその村で生活していくうちに、和子は違和感を覚える。
―みんな健康的過ぎる…医師もいないのに…。
続きを読む >>
2010.12.06 Monday 16:14 | comments(0) | - | 

メグル

評価:
乾 ルカ
東京創元社
¥ 1,680
(2010-02-24)
Amazonランキング: 96952位

JUGEMテーマ:読書
 「あなたはこれよ。断らないでね」奇妙な迫力を持つ大学学生部の女性職員から半ば強要され、仕方なく指定されたアルバイト先に足を運んだ大学生たち。
そのアルバイトは、彼らに何をもたらすのか?
五人の若者を通して描かれるのは、さまざまな感情を揺り動かす人間ドラマと小さな奇蹟の物語。
小説の楽しみを存分に詰め込んだ愛すべき傑作、鮮やかに登場。
続きを読む >>
2010.04.13 Tuesday 10:01 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |