<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ちょうちんそで

評価:
江國 香織
新潮社
¥ 1,365
(2013-01-31)
Amazonランキング: 2833位

JUGEMテーマ:読書
 取り戻そうと思えば、いつでも取り返せる――闇の扉を開く新しい長編。
いい匂い。あの街の夕方の匂い――人生の黄昏時を迎え、一人で暮らす雛子の元を訪れる様々な人々。息子たちと幸福な家族、怪しげな隣室の男と友人たち、そして誰よりも言葉を交わすある大切な人。人々の秘密が解かれる時、雛子の謎も解かれてゆく。人と人との関わりの不思議さ、切なさと歓びを芳しく描き上げる長編。記憶と愛を巡る物語。
続きを読む >>
2013.02.27 Wednesday 13:25 | - | - | 

犬とハモニカ

評価:
江國 香織
新潮社
¥ 1,470
(2012-09-28)
Amazonランキング: 910位

JUGEMテーマ:読書
 賛された受賞作に、著者の最新最高の作品を合わせた花束のような短編集!
空港の国際線到着ロビーを舞台に、渦のように生まれるドラマを、軽やかにすくい取り、「人生の意味を感得させる」、「偶然のぬくもりがながく心に残る」などと絶賛された、川端賞受賞作。恋の始まりと終わり、その思いがけなさを鮮やかに描く「寝室」など、美しい文章で、なつかしく色濃い時間を切り取る魅惑の6篇。
続きを読む >>
2012.10.30 Tuesday 11:51 | comments(1) | trackbacks(1) | 

金平糖の降るところ

評価:
江國 香織
小学館
¥ 1,680
(2011-09-28)
Amazonランキング: 1011位

JUGEMテーマ:読書
 姉妹のルールは好きな人を<共有すること>

ブエノスアイレス近郊の日系コロニアで育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドを<共有すること>をルールにしていた。
留学のため来日した二人だったが、誰からも好かれる笑顔の男、達哉と知り合う。
達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚する。
同じく達哉に好意を抱いていたミカエラは父親がはっきりとしない命を宿してアルゼンチンに帰国する。
20年後、佐和子は突然、達哉に離婚届を残して、語学学校の教え子であった田渕ともに故国に戻る。
一方、ミカエラは成長した娘アジェレンと暮らしていたが、達哉が佐和子を追いかけてアルゼンチンにやってくると……。
続きを読む >>
2011.10.20 Thursday 15:31 | comments(0) | - | 

やわらかなレタス

評価:
江國 香織
文藝春秋
¥ 1,300
(2011-02)
Amazonランキング: 3038位

JUGEMテーマ:読書
 ここにあるのは幸福な魂の食事。
食べものをめぐる言葉と、小説、旅、そして日々のよしなしごと。
続きを読む >>
2011.04.05 Tuesday 08:36 | comments(0) | - | 

抱擁、あるいはライスには塩を

評価:
江國 香織
集英社
¥ 1,785
(2010-11-05)
Amazonランキング: 529位

JUGEMテーマ:読書
 三世代、百年にわたる「風変りな家族」の秘密
東京・神谷町にある、大正期に建築された洋館に暮らす柳島家。
1981年、次女の陸子は貿易商の祖父、ロシア革命の亡命貴族である祖母、変わり者の両親と叔父叔母、姉兄弟(うち2人は父か母が違う)の10人で、世間ばなれしつつも充実した毎日を過ごしていた。
柳島家では「子供は大学入学まで自宅学習」という方針だったが、父の愛人(弟の母親)の提案で、陸子は兄、弟と一緒に小学校に入学。学校に馴染めず、三ヶ月もたたずに退学する。陸子は解放されたことに安堵しつつ、小さな敗北感をおぼえる。そもそも独特の価値観と美意識を持つ柳島家の面々は世間に飛び出しては、気高く敗北する歴史を繰り返してきた。
母、菊乃には23歳で家出し8年後に帰ってきた過去が、叔母の百合にも嫁ぎ先から実家に連れ戻された過去がある。時代、場所、語り手をかえて重層的に綴られる、一見、「幸福な家族」の物語。
しかし、隠れていた過去が、語り手の視点を通して多様な形で垣間見え――。
続きを読む >>
2010.12.10 Friday 16:47 | comments(0) | - | 

真昼なのに昏い部屋

評価:
江國 香織
講談社
¥ 1,470
(2010-03-25)
Amazonランキング: 867位

JUGEMテーマ:読書
 会社社長の夫・浩さんと、まるで軍艦のような広い家に暮らす美弥子さんは、家事もしっかりこなし、「自分がきちんとしていると思えることが好き」な主婦。
大学の先生でアメリカ人のジョーンズさんは、純粋な美弥子さんに心ひかれ、二人は一緒に近所のフィールドワークに出かけるようになる。
時を忘れる楽しいおしゃべり、名残惜しい別れ際に始まり、ふと気がつくとジョーンズさんのことばかり考えている美弥子さんがいた―。
続きを読む >>
2010.05.13 Thursday 09:13 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |