<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ダンス・ウィズ・ドラゴン

評価:
村山 由佳
幻冬舎
¥ 1,575
(2012-05-25)
Amazonランキング: 2829位

JUGEMテーマ:読書
 「地獄だっていい。ふたりでいられるなら、地獄でいいの」
愛する人の顔を見るたびに甦る、濃密な哀しみ。でも、離れてはいられなかった――。
井の頭公園の奥深くにある、夜にしか開かない図書館。
<龍>を祀る旧家に育った血のつながらない兄妹が、吹き抜けの読書室で時を経て再会した。
互いの親に連れられ、初めて目と目が合ったとき、幼い妹はほろほろと泣いた。
記憶と今を結ぶため、ふたりは哀しい秘密をのこした故郷を訪れる。
心は、とっくに一線を越えていた。
ファンタジーよりロマンティックで現実より生々しい、ひたすらな愛の物語。
続きを読む >>
2012.06.28 Thursday 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

花酔ひ

評価:
村山 由佳
文藝春秋
¥ 1,628
(2012-02)
Amazonランキング: 823位

JUGEMテーマ:読書
 結城麻子・東京の呉服屋の一人娘「夫婦のつながりは、セックスだけじゃないでしょう?」×桐谷正隆・千桜の夫。
婿養子だが野心家「俺は、今すぐにでもあんたを抱きとうてたまらんのや」、桐谷千桜・京都の葬儀社の社長令嬢「もう逃がさへん。
あんたはうちの奴隷や」×小野田誠司・麻子の夫。ブライダル会社の営業「お願いだから、もう苛めないでくれ」。
共犯関係は緊張を帯び、秘密の濃度は高まり、堕ちていく―身も心も焼き尽くすねじれた快楽の行方。恋ではない、愛ではなおさらないもっと身勝手で、もっと純粋な、何か。
夫婦だからこそ言えない秘密がある。『ダブル・ファンタジー』を超える衝撃の官能の世界。
続きを読む >>
2012.03.16 Friday 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 

放蕩記

評価:
村山 由佳
集英社
¥ 1,680
(2011-11-25)
Amazonランキング: 5997位

JUGEMテーマ:読書
 母を持つすべての大人たちへ。自伝的長編
38歳で離婚歴のある女流作家・夏帆。自由奔放に暮らす一方で、実は長年抱えこんできた秘密があって・・・。
今だから見えてきた、母娘の愛憎と家族の歴史。共感と感動をよぶ、衝撃の自伝的長編小説。
続きを読む >>
2012.01.03 Tuesday 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 

アダルト・エデュケーション

評価:
村山 由佳
幻冬舎
¥ 1,575
(2010-07-22)
Amazonランキング: 80位

JUGEMテーマ:読書
 誰かと重なり合いたいという、根源的な欲望を抱える12人の女性たち。
心の奥底に、それぞれが願望を秘めている。密やかで強烈な性愛のファンタジーが現実になるとき、女たちは新しい自分を知る。
純度の高い「もうひとりの自分」に出会った女たちの真の再生の物語。
渇いた体と心に染みいる長編連作小説。
続きを読む >>
2010.09.13 Monday 09:19 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |