<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ふくろう

評価:
梶 よう子
講談社
¥ 1,575
(2012-06-15)
Amazonランキング: 37613位

JUGEMテーマ:読書
 伴鍋次郎は西丸書院番士に引き立てられるが、両親はなぜか狼狽する。
町で会った初対面の老武士には「許してくれ」と土下座され、不審は募るばかり。
そんな矢先、家で書物の整理をしていると、「鍋次郎」と記された自分の名前の位牌と、父の昔の日記を見つける。
日記には、鍋次郎が生まれたころの記述だけが欠落していた。
自分は養子だったのか?己の出生の真相に迫る鍋次郎。私はいったい誰なのだ。
ふくろうの根付にこめられた我が子への願いとは。若手注目株の長編時代小説。
続きを読む >>
2012.08.21 Tuesday 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

一朝の夢

評価:
梶 よう子
文藝春秋
¥ 620
(2011-10-07)
Amazonランキング: 95233位

JUGEMテーマ:読書
 北町奉行所同心の中根興三郎は、朝顔栽培を唯一の生きがいとしている。
世の中は井伊大老と水戸徳川家の確執や、尊王攘夷の機運が高まり不穏だが、無縁だ。
だが江戸朝顔界の重鎮、鍋島直孝を通じ宗観と呼ばれる壮年の武家と知り合ったことから、興三郎は思いも寄らぬ形で政情に係わっていく。松本清張賞受賞。
続きを読む >>
2012.02.29 Wednesday 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

夢の花、咲く

評価:
梶 よう子
文藝春秋
¥ 1,575
(2011-12)
Amazonランキング: 220474位

JUGEMテーマ:読書
 殺された植木職人、江戸を襲った大地震、相次ぐ付け火…。
いくつもの事件にひそむ謎。“朝顔同心”は真相にたどりつけるのか!?―。
続きを読む >>
2012.01.28 Saturday 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

柿のへた 御薬園同心 水上草介

評価:
梶 よう子
集英社
¥ 1,680
(2011-09-05)
Amazonランキング: 18765位

JUGEMテーマ:読書
 植物を愛する若者の成長を描く連作時代小説
幕府の施設、小石川御薬園でのんびり植物を眺めて暮らす水上草介。
周囲の人々の助けをかりて御薬園界隈で起きる事件、揉め事を治めながら成長する姿を生き生きと描いた9編からなる時代小説。
続きを読む >>
2011.11.09 Wednesday 11:18 | comments(0) | - | 

迷子石

評価:
梶 よう子
講談社
¥ 1,680
(2010-12-10)
Amazonランキング: 75485位

JUGEMテーマ:読書
 見習い医師・孝之助は、趣味で版画絵を描いている。「富山の薬売り」が売る薬に付けるおまけ絵だ。
絵で小遣いを稼ぐ、宙ぶらりんのおまけ者のつもりが、偶然、富山藩の存亡に関わるお家騒動に巻き込まれる。
江戸家老の大陰謀を国許に知らせねば。そこで孝之助が思いついたのが版画絵を二枚使った巧妙な細工だった―。
見習い医師は、藩を救えるか。本格派時代小説作家の、ミステリー時代長編。
続きを読む >>
2011.01.18 Tuesday 13:14 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |