<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ふる

評価:
西加奈子
河出書房新社
¥ 1,470
(2012-12-06)
Amazonランキング: 6906位

JUGEMテーマ:読書
 20冊目となる西加奈子の本はまさに著者新境地作品。
今この瞬間生きていることの温もりと切なさが、120%胸にしみわたる密度の濃さ。
著者にとってもトライアルでもあったこの渾身の書きおろし作品は、日常の生々しさをやわらかく包み込み、すぐ隣にある「奇跡」そのものに気付かされる、始まりのための物語 。

「みんな自分が好きなんだ。でも、誰かを愛してるって、強い気持ちがあったら、その人を傷つけることは怖くなくなるはずなんだ」

----奇跡が空を舞う、書きおろし長編。

続きを読む >>
2013.01.22 Tuesday 14:57 | - | - | 

ふくわらい

評価:
西加奈子
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2012-08-07)
Amazonランキング: 5380位

JUGEMテーマ:読書
マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、書籍編集者の鳴木戸定。
彼女は幼い頃、紀行作家の父に連れられていった旅先で、誰もが目を覆うような特異な体験をした。
その時から、定は、世間と自分を隔てる壁を強く意識するようになる。
日常を機械的に送る定だったが、ある日、心の奥底にしまいこんでいた、自分でも忘れていたはずの思いに気づいてしまう。
その瞬間、彼女の心の壁は崩れ去り、熱い思いが止めどなく溢れ出すのだった――。
続きを読む >>
2012.09.20 Thursday 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

地下の鳩

評価:
西 加奈子
文藝春秋
¥ 1,260
(2011-12)
Amazonランキング: 27999位

JUGEMテーマ:読書
 大阪、ミナミの繁華街―。
夜の街に棲息する人々の、懸命で不恰好な生き様に、胸を熱くする力作誕生。
続きを読む >>
2012.01.18 Wednesday 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 

漁港の肉子ちゃん

評価:
西 加奈子
幻冬舎
¥ 1,470
(2011-09)
Amazonランキング: 7953位

JUGEMテーマ:読書
 みんな、それぞれで生きている。それでいい。
圧倒的な肯定を綴る、西加奈子の柔らかで強靱な最新長編。
続きを読む >>
2011.10.06 Thursday 13:10 | comments(0) | - | 

円卓

評価:
西 加奈子
文藝春秋
¥ 1,300
(2011-03-05)
Amazonランキング: 11095位

JUGEMテーマ:読書
 
世間の“当然”に立ち止まり、悩み考え成長する物語。
うるさいぼけ。なにがおもろいねん。
平凡やしあわせに反発する琴子、小学3年生。好きな言葉は、「孤独」。
続きを読む >>
2011.04.19 Tuesday 08:23 | comments(0) | - | 

白いしるし

評価:
西 加奈子
新潮社
¥ 1,365
(2010-12)
Amazonランキング: 10718位

JUGEMテーマ:読書
 失恋ばかりの、私の体。
私は彼のことが、本当に、好きだった。32歳。気づいたら、恋に落ちていた。
軽い気持ちだった、知らなかった、奪えると思った。
なのに、彼と関係を持ってから、私は笑えなくなった。
恋は終わる。でも、想いは輝く。極上の失恋小説。
続きを読む >>
2011.02.07 Monday 08:31 | comments(0) | - | 
 | 1 / 1 PAGES |