<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

傾国子女

評価:
島田 雅彦
文藝春秋
¥ 1,680
(2013-01-11)
Amazonランキング: 10590位

JUGEMテーマ:読書
 奇跡的美貌を持つがゆえに、地獄をめぐる女の運命は?
白草千春が13歳のときに、多額の借金を残して父が失踪。父の知人・小児科医である花岡の家に移り住むも、彼は少女偏愛者だった。養父に、ヤクザに、京都の黒幕に身を捧げ、「好色」の業を背負って、ジェットコースターさながらの激しい浮き沈み人生をおくった千春に、ハッピーエンドは訪れるのか。
デビュー30年を迎えた著者が今のすべてを注ぎ込んだ、もっともエロティックで崇高な問題作。装画は「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリ。
続きを読む >>
2013.01.31 Thursday 11:26 | - | - | 
 | 1 / 1 PAGES |