<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ぬけまいる

評価:
朝井 まかて
講談社
¥ 1,575
(2012-10-30)
Amazonランキング: 132628位

JUGEMテーマ:読書
 母と二人で一膳飯屋を切り盛りしているお以乃。譜代の御家人の良き妻・お志花。江戸で知らぬ者のない小間物屋の女主人・お蝶。
若い頃は「馬喰町の猪鹿蝶」で鳴らした三人が、それぞれの鬱屈を胸に、仕事も家庭も捨ておいて、お伊勢詣りに繰り出した。かしましい道中は波乱の連続。
続きを読む >>
2012.12.10 Monday 10:59 | - | - | 

先生のお庭番

評価:
朝井まかて
徳間書店
¥ 1,680
(2012-08-11)
Amazonランキング: 85952位

JUGEMテーマ:読書
 長崎の出島を舞台に、シーボルトに仕えた若き庭師の奮闘物語。
土と草花を通して、日本の素晴らしさを実感できる人情時代小説。
続きを読む >>
2012.10.16 Tuesday 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

すかたん

評価:
朝井 まかて
講談社
¥ 1,680
(2012-01-11)
Amazonランキング: 98339位

JUGEMテーマ:読書
 江戸の饅頭屋のちゃきちゃき娘だった知里は、江戸詰め藩士だった夫の大坂赴任にともなって、初めて浪速の地を踏んだ。
急な病で夫は亡くなり、自活するしかなくなった知里は、ふとしたはずみから、天下の台所・大坂でも有数の青物問屋「河内屋」に住み込み奉公することに。
慣れない仕事や東西の習慣の違いに四苦八苦し、厳しいおかみさんから叱責されながらも、浪速の食の豊かさに目覚め、なんとか日々をつないでいく。
おっちょこちょいで遊び人ながらも、幻の野菜作りには暴走気味の情熱を燃やす若旦那に引き込まれ、いつしか知里は恋に落ちていた。
障害だらけのこの恋と、青物渡世の顛末やいかに。書き下ろし長編時代小説。
続きを読む >>
2012.03.06 Tuesday 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 

実さえ花さえ

評価:
朝井 まかて
講談社
¥ 1,680
(2008-10-21)
Amazonランキング: 66848位
JUGEMテーマ:読書


江戸・向嶋で種苗屋を営む若夫婦、新次とおりんは、人の心を和ませる草木に丹精をこらす日々を送っている。
続きを読む >>
2009.01.11 Sunday 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |