<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

黄泉から来た女

評価:
内田 康夫
新潮社
¥ 1,785
(2011-07)
Amazonランキング: 6809位

JUGEMテーマ:読書
 鶴岡市で発見された身元不明の白骨死体。
それが、すべての、終わりの始まり―天橋立で、「アマテラスの子」と呼ばれる神代静香。
静香の母、徳子が捨てた故郷、鶴岡から、秘密を抱え静香を訪ねて来た、見ず知らずの女。
そして、静香を鶴岡で待ちうける「呪う女」―。
時を越えた「女」たちの因縁が、浅見光彦の名推理を妨げる!「もうひとりの光彦」によって、光彦をはじめとする「浅見家」の名前の由来も明らかに。
続きを読む >>
2011.09.15 Thursday 15:50 | comments(0) | - | 

華の下にて

評価:
内田 康夫
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 2,100
(2010-11-27)
Amazonランキング: 471058位

JUGEMテーマ:読書
 国際生花シンポジウム開催中の京都で雑誌記者が殺害された。
藤田編集長からの依頼で仕事を引き継いだ浅見だが、取材中に第2の殺人事件が起こり―。
絢爛豪華な華道界、その伝統の根幹を揺るがす大スキャンダルの真相とは?
浅見シリーズ屈指の艶やかさ。
名探偵・浅見光彦が家元制度の禁忌に挑む。
続きを読む >>
2011.03.30 Wednesday 15:49 | comments(0) | - | 

風のなかの櫻香

評価:
内田 康夫
徳間書店
¥ 1,785
(2010-11-19)
Amazonランキング: 9871位

JUGEMテーマ:読書
 5歳まで施設で育ち、奈良の由緒ある尼寺・尊宮寺に養女に迎えられた美少女・櫻香。
中学生になった彼女の周りで、次々に不審な出来事が起こる―。
身を案じた尼僧・妙蓮に相談を受けた浅見光彦は、謎を追って鳥羽へ向かうが―!?
遷都1300年の奈良・尼寺を舞台に、人間の愛と業を描いた感動のミステリー。
続きを読む >>
2011.01.06 Thursday 08:27 | comments(0) | - | 

不等辺三角形

評価:
内田 康夫
講談社
¥ 1,785
(2010-04-21)
Amazonランキング: 5119位

JUGEMテーマ:読書
 名古屋、奥松島で起きた殺人事件を繋ぐもの。
それは名古屋の名家に伝わる古い仙台箪笥だった。
事件解明を依頼された浅見光彦は、箪笥から見つかった謎の漢詩に注目し、その意味するところを解こうとする。
そんな中、ある閃きが光彦を襲う。
続きを読む >>
2010.06.07 Monday 08:42 | comments(0) | - | 

神苦楽島(下)

評価:
内田 康夫
文藝春秋
¥ 1,680
(2010-03)
Amazonランキング: 2611位

JUGEMテーマ:読書
 古事記の「国生み」神話、伊勢・奈良の遺跡、政治家と大企業の癒着、新興宗教…すべてがひとつにつながったとき、底知れぬ闇が浅見を戦慄させる!せまりくる危機、動機なき殺意。
最もおそろしいのは人の心に棲む鬼。
追い詰められた浅見の命をつないだものは―。
続きを読む >>
2010.04.28 Wednesday 08:49 | comments(2) | - | 

神苦楽島(上)

評価:
内田 康夫
文藝春秋
¥ 1,680
(2010-03)
Amazonランキング: 2589位

JUGEMテーマ:読書
 秋葉原で若い女性の不審死に遭遇した浅見光彦。
事件の鍵は淡路島に?拝み屋、民間信仰、牛頭天王、新たな死体…やがて呪いは浅見にもふりかかる!?
この殺人は、儀式なのか。妖しい陰謀うずまく淡路島を舞台に、信仰の意味を問う傑作ミステリー。
続きを読む >>
2010.04.28 Wednesday 08:45 | comments(2) | - | 

教室の亡霊

評価:
内田 康夫
中央公論新社
¥ 1,785
(2010-02)
Amazonランキング: 8370位

JUGEMテーマ:読書
 深夜、中学校の教室で、かつて教鞭を執っていた男が殺された。
黒板の前に横たわる被害者のポケットには、新人女性教師の写真が。
浅見家の「落ちこぼれ」光彦が、教育問題に直面する最新事件簿。
続きを読む >>
2010.03.23 Tuesday 10:23 | comments(0) | - | 

ぼくが探偵だった夏

評価:
内田 康夫
講談社
¥ 2,310
(2009-07-31)
Amazonランキング: 877位

JUGEMテーマ:読書
 光彦・小学校五年生の夏。
クラスに軽井沢からの転校生・本島衣理がやって来た。
初対面の印象は最悪!それなのに隣の席だなんて、女という生き物が苦手な光彦には辛い毎日だ。
でも、待ちに待った夏休み、光彦は今年も恒例の軽井沢の別荘へ…。
そこで、夏の友だち・峰男くんから偶然、衣理を紹介され再会する。
話をするうちに光彦は、最近、軽井沢で行方不明になった女の人がいるという話を聞き、三人で現場に行くことに。
すると、怪しげな「緑の館」の庭で大きな穴を掘り、何かを埋めようとしている男の姿が!その直後から不穏な空気が光彦の周囲に漂いはじめる。
埋められた物は何だったのか?平和な軽井沢でいったい何が起こっているのだろうか!?「浅見光彦シリーズ」でお馴染みの“あの人”たちも登場。
続きを読む >>
2009.08.17 Monday 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

地の日 天の海 下

評価:
内田 康夫
角川グループパブリッシング
¥ 1,680
(2008-07-01)
Amazonランキング: 134161位
JUGEMテーマ:読書


兵農分離、商業重視、出自を問わぬ人材登用、家臣を領地から切り離す転封。
続きを読む >>
2009.02.03 Tuesday 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

壺霊 下

評価:
内田 康夫
角川グループパブリッシング
¥ 1,680
(2008-12-18)
Amazonランキング: 3829位
JUGEMテーマ:読書


800年の時を生き“紫式部”と名付けられた壺に、心奪われる男たち、その犠牲となり恨みをのんで彷徨う女たち。
続きを読む >>
2009.02.03 Tuesday 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>