<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

沈黙のひと

評価:
小池 真理子
文藝春秋
¥ 1,785
(2012-11-28)
Amazonランキング: 25512位

JUGEMテーマ:読書
 パーキンソン病を患い、沈黙のうちに亡くなった父。
遺された文書と手紙には、絶望に直面してもなお、家族や恋人への愛、短歌への情熱と共に生きたその揺るぎない足跡が刻まれていた―。
圧倒的な人間讃歌。生きるとは?死ぬとは?家族とは?著者渾身の感動作。
続きを読む >>
2013.01.11 Friday 10:00 | - | - | 

二重生活

評価:
小池 真理子
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,890
(2012-06-28)
Amazonランキング: 23202位

JUGEMテーマ:読書
 大学院生の白石珠は、ある日ふと、近所に住む既婚男性、石坂史郎を尾行してしまう。
大学の講義で知ったアーティスト、ソフィ・カルによる「文学的・哲学的尾行」が心に残っていたからだ。
そして珠は、石坂の不倫現場を目撃する。
他人の秘密を知ることに、ぞくぞくとした興奮を覚えた珠は、石坂の観察を繰り返す。
だが徐々に、秘密は珠と恋人との関係にも影響を及ぼしてゆく―。
大学教授への想い、今は亡き恋人への追慕。スリリングな展開、乱れ合う感情。
ページを繰る手が止まらない、傑作長編。
続きを読む >>
2012.08.23 Thursday 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

無花果の森

評価:
小池 真理子
日本経済新聞出版社
¥ 1,890
(2011-06-02)
Amazonランキング: 118823位

JUGEMテーマ:読書
 夫の暴力から逃れ失踪した女が、身を潜めた地方都市の片隅で生き抜く姿を静謐な文体で描ききり、現在に生きる人が抱え持つ心の闇に迫った力作長編! 
絶望と希望、生と死の境界に怜悧に斬り込んだ著者の新境地!
続きを読む >>
2011.08.10 Wednesday 13:48 | comments(0) | - | 

存在の美しい哀しみ

評価:
小池 真理子
文藝春秋
¥ 1,470
(2010-04)
Amazonランキング: 108249位

JUGEMテーマ:読書
 「異父兄がプラハに住んでいる」。母の奈緒子が打ち明けた、家族の秘密。
母を亡くした28歳の榛名は一人でプラハに旅立った。
正体を隠して、兄・聡をガイドに雇った榛名。
榛名、奈緒子、そして聡といくつもに視点を変えて描かれる家族の歴史。
二人の人生には哀しくも美しいドラマが隠されていた。
続きを読む >>
2010.10.28 Thursday 14:23 | comments(0) | - | 

東京アクアリウム

評価:
小池 真理子
中央公論新社
¥ 1,470
(2010-01-25)
Amazonランキング: 59576位

JUGEMテーマ:読書
 家族、夫婦、不倫、愛する人の喪失、友情などをテーマにした短編集。
2010.03.03 Wednesday 08:30 | - | - | 

ふたりの季節

評価:
小池 真理子
幻冬舎
¥ 1,260
(2008-12)
Amazonランキング: 39840位
JUGEMテーマ:読書


なぜ、私たちは別れたのだろう。理由なんてひとつもなかった気がする。
続きを読む >>
2009.02.25 Wednesday 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |