<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

探偵イザベラ・バード 明治開化殺人事件

評価:
塩見 鮮一郎
河出書房新社
¥ 1,995
(2012-10-13)
Amazonランキング: 425487位

JUGEMテーマ:読書
 1878年夏、日本奥地紀行の旅の途次、イザベラ・バードは粕壁の街道沿いのお地蔵さまのかたわらに、令嬢の右手首を見つけた。
通詞の伊藤とともにバラバラ殺人事件に巻き込まれる、いや首を突っ込むイザベラ。
たちはだかる宿場戸長・雁塔谷大満。西洋合理主義は、はたして真犯人にたどりつけるのか。
瞠目の歴史ミステリ。
日本にやってきた老嬢が、東北へと旅する途中で出会った不思議な事件。
彼女の抜群の推理で、事件は解決される(?)
うまくミスリードしてくれた物語でした。 
2012.11.22 Thursday 15:40 | - | - | 
<< 猿の悲しみ | main | 女子校育ち >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:40 | - | - |