<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

この君なくば

評価:
葉室 麟
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2012-10-05)
Amazonランキング: 55301位

JUGEMテーマ:読書
 勤皇佐幕で揺れ動く九州・日向の伍代藩―。軽格の家に生まれた楠瀬譲は、恩師・桧垣鉄斎の娘・栞と互いに惹かれあう仲であった。
蘭学に秀でた譲は、藩主・忠継の密命で京の政情を探ることとなる。やがて栞の前には譲に想いを寄せる気丈な娘・五十鈴が現れるが―。
激動の幕末維新を背景に、懸命に生きる男女の清冽な想いを描く傑作長篇時代小説。
 互いに思いあっていても、身分や立場の違いにより一緒になることがかなわなかった二人。
しかし、彼の妻の死去により、二人の運命は近づいていくことになる。
激動の幕末の中にあって、竹のような清々しさとたおやかさにより、時間はゆっくりと流れていく。
温かい気持ちになれる1冊です。
2012.12.07 Friday 14:05 | - | - | 
<< 北斗 ある殺人者の回心 | main | つむじダブル >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:05 | - | - |