<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

まりしてぎん千代姫

評価:
山本 兼一
PHP研究所
¥ 1,890
(2012-11-10)
Amazonランキング: 13747位

JUGEMテーマ:読書
 筑前立花城の城督・千代姫は、千熊丸(後の立花宗茂)を婿に迎えるが、祝言を挙げ、落ち着く間もなく、筑前・筑後は戦乱のるつぼと化す。「戦国の世は、女にとって生きづらい、でも強く生きたい」――と願う千代は、悩み迷いながらも、自ら鉄炮隊を率い、迫りくる敵に立ち向かう。
陰に日向に二人を支えていた千代の父・戸次(立花)道雪は戦陣で病没、宗茂の父・高橋紹運も討ち死にし、立花城は島津の大軍に取り囲まれる。千代は、夫・宗茂とともに、いかにしてこの危機を乗り越えるのか。
やがて豊臣秀吉の天下から関ヶ原の戦いへと時代が大きく変わりゆくなか、立花家を預かる千代、そして宗茂の運命は…。

『利休にたずねよ』の山本兼一が、「強くて、ひたむきな女性を描きたかった」として選んだのが千代姫。人気の武将・立花宗茂の妻にして、天下人・秀吉や猛将・加藤清正にも一目置かれた凛々しい姫の、秘められた生涯を活写する時代小説。
 今よりも生きづらかったのか?もしかしたら、戦国のこの時代が唯一生き生きと生け抜くことができたのかもしれません。
後の立花宗茂を婿に迎え、千代は最後の戦国大名の姫として生き抜いたような、ある種の潔さを感じます。
2012.12.20 Thursday 10:27 | - | - | 
<< 若桜鉄道うぐいす駅 | main | 母性 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:27 | - | - |