<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

夜の隅のアトリエ

評価:
木村 紅美
文藝春秋
¥ 1,680
(2012-12-14)
Amazonランキング: 53737位

JUGEMテーマ:読書
 田辺真理子、三十歳過ぎ。やがてこの名前は消える。
年末のある日、何者でもなく生きたいと望み、ひとり東京を離れ、雪深い街へと逃れる。
理髪店の二階の六畳一間に仮住まいをし、ラブホテルの受付として働きながら日々を過ごす。あるきっかけから絵のモデルもつとめることに。この空虚な生は何を逃れ、また何をもとめてさまようのだろうか。
そっと身分証などを盗み、他人になりすましていく主人公。
人と接することを極力避け、少しでもつながりができそうになると、また別の場所へと移っていく。
彼女なりの理由があるのでしょうか、私にはよくわかりませんでした。
2013.01.13 Sunday 23:02 | - | - | 
<< 沈黙のひと | main | 気持ちが伝わるおいしい贈りもの >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 23:02 | - | - |