<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

いつまでもショパン

評価:
中山 七里
宝島社
¥ 1,470
(2013-01-10)
Amazonランキング: 4697位

JUGEMテーマ:読書
 ポーランドで行なわれるショパン・コンクールの会場で、殺人事件が発生した。
遺体は、手の指10本が全て切り取られるという奇怪なものだった。
コンクールに出場するため会場に居合わせたピアニスト・岬洋介は、取り調べを受けながらも鋭い洞察力で殺害現場を密かに検証していた。
さらには世界的テロリスト・通称“ピアニスト”がワルシャワに潜伏しているという情報を得る。そんな折、会場周辺でテロが多発し…。
 岬さんはいよいよコンクールまでやってきたのですね。
本編はポーランドのピアニストの語りで始まり、物語はショパンコンクールの本選とともに進んでいきます。
ショパンの調べとともに、岬さんは本人の意図とは違うのかもしれませんが、国際舞台へ。
2013.02.14 Thursday 11:03 | - | - | 
<< たったひとり | main | ふりむけば闇 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:03 | - | - |