<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

孤独な放火魔

評価:
夏樹 静子
文藝春秋
¥ 1,628
(2013-01-19)
Amazonランキング: 139169位

JUGEMテーマ:読書
 幼馴染みに長年抱いていた恨みが発端の、すぐ解決すると思われた放火事件。夫をアイロンで殴打した主婦が、自分はDVを受けていたと主張。夫の愛人が出産した子供に、虐待の痕を見つけた妻がとった行動とは?
左陪席をつとめる新米裁判官・久保珠実は、かつて裁判長にいわれた「裁判は最後まで何が起こるかわからない」の言葉を何度も反芻する―。現代の日本を象徴するかのような三つの事件。悩み議論する裁判員たちをリアルに描く著者迫真のミステリー。
 いずれも日常で起こりうる事件で、だからこそ私たちが裁判員裁判で出会うかもしれない事件なのです。
主人子は新米裁判官ではありますが、罪の重さや人間が人間を裁くことを考えさせられた物語。
2013.02.27 Wednesday 13:30 | - | - | 
<< ちょうちんそで | main | 謎解きはディナーのあとで3 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:30 | - | - |