<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

おもかげ橋

評価:
葉室 麟
幻冬舎
¥ 1,680
(2013-01-25)
Amazonランキング: 21818位

JUGEMテーマ:読書
 剣は一流だが、道場には閑古鳥が鳴く草波弥市。武士の身分を捨て、商家に婿入りした小池喜平次。
二人は、彼らを裏切り国許から追放した勘定奉行の娘で初恋の女・萩乃と、十六年ぶりに江戸で再会し、用心棒を引き受ける。
一方、国許では、かつて化け物と恐れられた男が藩政に返り咲き、藩を二分する政争の余波が、二人にも及ぼうとしていた―。
 男は顔じゃなくて、生き方なんでしょうね。
藩の騒動に巻き込まれた2人の男は、致仕ということで、江戸へ。
一人は剣の道を生かし、ほとんど人が訪れることのない寂れた道場主、もう一人は武士という身分を捨てて商人となる。
そんな2人は、騒動の渦中にあった初恋の女のため、再び藩の騒動に巻き込まれていくことになる。
2人の想い人に魅力が感じられないからでしょうか(苦笑)、せっかくのいいお話も、なんだかなぁ…と思ってしまいます。
2013.03.05 Tuesday 11:03 | - | - | 
<< 閉経記 | main | 玉兎の望 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:03 | - | - |