<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ふたりの季節

評価:
小池 真理子
幻冬舎
¥ 1,260
(2008-12)
Amazonランキング: 39840位
JUGEMテーマ:読書


なぜ、私たちは別れたのだろう。理由なんてひとつもなかった気がする。
久しぶりの休日をカフェで過ごしていた由香は、偶然にも昔の恋人・長谷川拓に再会する。
六年前に妻を亡くした拓と、二年前に離婚した由香。
それぞれの人生を歩んできた二人に、高校三年生だった頃の淡く切ない記憶が昨日のことのように甦る。30年の歳月を経て、再び出会った男女の愛の物語。

夢のようなお話。
三十数年経て、再会した二人。
子どもも大人になり、一人になった二人が偶然に出会い、昔を回顧するのですが、1冊の物語というにはあまりに短すぎる。
3編ほど入っている短編小説集のうちの1つであれば、不満はないのですが。
2009.02.25 Wednesday 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 京都ロマンチック案内―続・乙女の京都 「お散歩気分」でめぐる、レストラン・喫茶店、レトロ建物・宿・ホテル、雑貨とおしゃれを探す旅 (MARBLE BOOKS) | main | ブラザー・サン シスター・ムーン >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:09 | - | - |