<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

喋々喃々

評価:
小川 糸
ポプラ社
¥ 1,575
(2009-02-03)
Amazonランキング: 3517位
JUGEMテーマ:読書


東京・谷中でアンティークきもの店「ひめまつ屋」を営む栞(しおり)。
きものを求めるお客ばかりでなく、ご近所さんもふらりと訪れては腰を落ち着ける、小さなこの店に、ある日、父とそっくりの声をした男性客がやってくる。
その人は、栞の心のなかで次第に存在感を増していき。。。
人を大切に思う気持ち、日々の細やかな暮らしが、東京・下町の季節の移ろいとともに描き出される、きらめくような物語。

毎月、毎月、ちょっとずつ日々は進んでいくのですが。
主人公たちの将来が危うすぎるような気がします。
2009.03.12 Thursday 10:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 食堂かたつむり | main | 森に眠る魚 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:45 | - | - |