<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

待ってる 橘屋草子

評価:
あさの あつこ
講談社
¥ 1,680
(2009-02-05)
Amazonランキング: 20324位
JUGEMテーマ:読書


何かを待たずにいられないのが、人の世のならい。
では、おふくが「待ってる」ものは。。。
12歳の春、貧しい少女・おふくは、江戸・深川にある料理茶屋『橘屋』で奉公を始めた。
美しく気丈な仲居頭のお多代は、おふくを厳しく躾ける。
優しくも、温かくもない言葉の裏にある“何か”に気づいたおふくは、涙を堪えながらもお多代の下でたくましく成長していく。

市井で生きていく人々の哀しみとたくましさ、そしてけなげに生きていく主人公を周囲の人々が厳しく、あたたかく見守る姿が読んでいてすがすがしい。
2009.03.26 Thursday 08:56 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 利休にたずねよ | main | 少女 (ハヤカワ・ミステリワールド) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:56 | - | - | 









待ってる橘屋草子 あさのあつこ
あきらめない。少女の成長に心がふるえる! 江戸・深川元町の料理茶屋「橘屋」に奉公する12歳のおふくは、 厳格な仲居頭であるお多代の下...
| 粋な提案 | 2010/10/19 5:05 PM |