<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

贖罪

評価:
湊 かなえ
東京創元社
¥ 1,470
(2009-06-11)
Amazonランキング: 399位

JUGEMテーマ:読書
内容(「BOOK」データベースより)
取り柄と言えるのはきれいな空気、夕方六時には「グリーンスリーブス」のメロディ。そんな穏やかな田舎町で起きた、惨たらしい美少女殺害事件。犯人と目される男の顔をどうしても思い出せない四人の少女たちに投げつけられた激情の言葉が、彼女たちの運命を大きく狂わせることになる―これで約束は、果たせたことになるのでしょうか?衝撃のベストセラー『告白』の著者が、悲劇の連鎖の中で「罪」と「贖罪」の意味を問う、迫真の連作ミステリ。本屋大賞受賞後第一作。
 ある事件の関係者たちが、それぞれ自分に都合のいいように話をし、相手を非難する方法は「告白」と同様です。
犯罪の連鎖というか、悪いことをしたら、自分のところに悪いことが巡ってくるっていうことでしょうか。
2009.07.13 Monday 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ウエズレーの国 | main | てのひらのメモ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 21:31 | - | - |