<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

街の灯

評価:
北村 薫
文藝春秋
---
(2003-01)
Amazonランキング: 177531位

JUGEMテーマ:読書
 士族出身の上流家庭・花村家にやってきた若い女性運転手。令嬢の“わたし”は『虚栄の市』のヒロインにちなんで、彼女をひそかに“ベッキーさん”と呼ぶ。そして不思議な事件が…。昭和七年“時代”という馬が駆け過ぎる。
お嬢様付きの新しくやって来た運転手は、謎の多い女性運転手。
探偵みたいに謎を解き明かすお嬢様も、解決のヒントを投げかけるのはその運転手のベッキーさん。
ゆるゆると時代は流れていきます。
2009.08.04 Tuesday 10:33 | comments(1) | trackbacks(1) | 
<< トン・ウーとはち | main | 玻璃の天 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:33 | - | - | 
藍色 (2010/07/02 2:41 AM)
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。









街の灯 北村薫
士族出身の上流家庭・花村家にやってきた若い女性運転手。 令嬢の「わたし」は『虚栄の市』のヒロインにちなんで、 彼女をひそかに「ベッキ...
| 粋な提案 | 2010/07/02 2:38 AM |