<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

終の住処

評価:
磯崎 憲一郎
新潮社
¥ 1,260
(2009-07-24)
Amazonランキング: 142位

JUGEMテーマ:読書

妻はそれきり11年、口を利かなかった――。
30を過ぎて結婚した男女の遠く隔たったままの歳月。
ガルシア=マルケスを思わせる感覚で、日常の細部に宿る不可思議をあくまでリアルに描きだす。
過ぎ去った時間の侵しがたい磐石さ。その恵み。
人生とは、流れてゆく時間そのものなのだ――。
小説にしかできない方法でこの世界をあるがままに肯定する、日本発の世界文学!
141回芥川賞受賞作。

 子どもをつくって、家を建てて、残るのは結局、夫婦だけ。。。
不倫を続け、面白くない家庭生活とはいえ、離婚もしない。
こういう夫婦が意外に多いのかもしれませんね。
2009.09.04 Friday 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 舶来屋 | main | 僕が韓国料理をつくる理由 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 17:04 | - | - |