<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

神様のカルテ

評価:
夏川 草介
小学館
¥ 1,260
(2009-08-27)
Amazonランキング: 2436位

JUGEMテーマ:読書
 栗原一止は信州の小さな病院で働く、悲しむことが苦手な内科医である。ここでは常に医師が不足している。
専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を三日取れないことも日常茶飯事だ。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。
だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。
悩む一止の背中を押してくれたのは、高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。
 夏目漱石の著書を愛するイチさんは、口調が著書同様に硬いから、ちょっと変わった人だけど、卒業してからずっと総合病院で患者さんと向き合っている。
愛するハルさんと暮らす忙しい毎日、そんなある日、大学病院から医局への誘いがやってくる。
住まいも環境も変わるのか?
こんなやさしいお医者さんがいたら、私も診てもらいたいですね。
2009.10.29 Thursday 15:54 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 女流阿房列車 | main | 鷺と雪 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:54 | - | - | 









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2014/08/09 2:47 PM |