<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

掏摸

評価:
中村 文則
河出書房新社
¥ 840
(2009-10-10)
Amazonランキング: 77660位

JUGEMテーマ:読書
 東京を仕事場にする天才スリ師。
ある日、彼は「最悪」の男と再会する。男の名は木崎かつて一度だけ、仕事をともにした闇社会に生きる男。
「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前が死ぬ。逃げれば、あの子供が死ぬ……」
運命とはなにか。他人の人生を支配するとはどういうことなのか。そして、社会から外れた人々の想い、その切なる祈りとは。
芥川賞作家がジャンルの壁を越えて描き切った、著者最高傑作にして称賛の声続出の話題作!
 スリのシーンはドキドキします。
しかし、短いために中途半端感が残ります。
2010.02.26 Friday 21:07 | - | - | 
<< さよならドビュッシー | main | 夜明けの橋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 21:07 | - | - |