<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

夜明けの橋

評価:
北 重人
新潮社
¥ 1,575
(2009-12-22)
Amazonランキング: 56757位

JUGEMテーマ:読書
 名も無き男の人生だろうが、この手で拓いた人生だ。
もはや死に場所などない新しい時代。開府まもない江戸で武士を捨てることを選んだ男たちの矜持。遅咲きの本格派として注目された著者の遺作にして最高傑作。
 徳川の時代がはじまったばかりの、商人が台頭してきた江戸の町。
武士を捨てて商家へ婿入りしたというのに、最後に武士の矜持が出てしまった男。
武士としての矜持を曲げることができず、新しい時代に取り残されてしまった男。
名もなき男たちの生き様。
亡くなってしまったことが、悔やまれます。
2010.03.01 Monday 09:41 | - | - | 
<< 掏摸 | main | 狸汁 銀次と町子の人情艶話 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:41 | - | - |