<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

プラチナデータ

評価:
東野 圭吾
幻冬舎
¥ 1,680
(2010-07)
Amazonランキング: 505位

JUGEMテーマ:読書
 犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。
警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。
犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。
現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。
犯人は、神楽自身であることを示していた―。
確信は疑念に、追う者は追われる者に。
すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。
 DNA鑑定、解離性障害など、ありえそうなありえそうもないような(苦笑)作品です。
何となく話の筋が読めてきますが、400ページ以上の物語を一気に読ませるのは東野作品の素晴らしさだと思います。
2010.08.24 Tuesday 12:50 | comments(0) | - | 
<< ルームメイト | main | ええもんひとつ―とびきり屋見立て帖 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 12:50 | - | - |