<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

1Q84 BOOK3

評価:
村上 春樹
新潮社
¥ 1,995
(2010-04-16)
Amazonランキング: 190位

JUGEMテーマ:読書
 
1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。
そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。
そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。
私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。
そこは世界にただひとつの完結した場所だった。
どこまでも孤立しながら、孤独に染まることのない場所だった。
 パラレルワールドな世界がいくつもあるかもしれない。
青豆と天吾。二人の「初恋」は、こうして実っていくのですね。
今回、牛河という調査員から見た話も加わりました。
長編ではありますが今までの作品の中でも、読みやすいシリーズだと思います。
2010.09.14 Tuesday 09:53 | comments(0) | - | 
<< 手仕事を楽しむ刺し子こもの | main | ミムラの絵本散歩 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 09:53 | - | - |