<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

鏡の偽乙女―薄紅雪華紋様―

評価:
朱川 湊人
集英社
¥ 1,680
(2010-08-26)
Amazonランキング: 201598位

JUGEMテーマ:読書
 大正三年、東京。画家を志し、家を飛び出す槇島風波。
闇を幻視する美貌の天才画家、穂村江雪華。
根津蟋蟀館に集う異形の面々。
心を略奪する美の蒐集家。
変わりゆく帝都を彷徨う未練者たちの怪異。
 意外にも不思議なものを見ることができる主人公が出会った人物こそが、一番不思議な人ではあるのだが…
画家を目指して家を出た主人公は、同様に絵を描いている雪華と名乗る人物とともに、その不思議な人たちの思いを汲み取ることになる。
大正浪漫漂う帝都は、光のそばには闇もあるということでしょうか。
2010.10.08 Friday 11:24 | comments(0) | - | 
<< ジオジオのかんむり | main | ムニャムニャゆきのバス >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:24 | - | - |