<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

月と蟹

評価:
道尾 秀介
文藝春秋
¥ 1,470
(2010-09)
Amazonランキング: 15480位

JUGEMテーマ:読書
 「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。
何でも」やり場のない心を抱えた子供たちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。
やがてねじれた祈りは大人たちに、そして少年たち自身に、不穏なハサミを振り上げる―やさしくも哀しい祈りが胸を衝く、俊英の最新長篇小説。
 大人のことをよく知らないと親は思っていても、
子どもは子どもなりに理解している。
狭い世界に生きているからこそ、
そこでの生活は濃縮されていて残酷さに
彼ら自身は気づいていないのかもしれない。
少年の日を回想して物語がはじまる
ミステリーを期待していたのだけれど、違いましたね。
2010.10.22 Friday 08:39 | comments(0) | - | 
<< 勝手にふるえてろ | main | 今朝の春―みをつくし料理帖 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:39 | - | - |