<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

つばさものがたり

評価:
雫井 脩介
小学館
¥ 1,575
(2010-07-29)
Amazonランキング: 3810位

JUGEMテーマ:読書
 君川小麦は、26歳のパティシエール。東京での修行を終え、ケーキショップを開くため故郷の北伊豆に帰ってきた。
小麦の兄・代二郎と義理の姉・道恵の間には、叶夢(かなむ)という6歳の息子がいる。
叶夢には、レイモンドという天使の友達がいるらしい。
ケーキショップ開店のため小麦が見つけた店舗物件に対し、叶夢は「ここ、はやらないよ」「レイモンドがそう言ってる」と口にし、小麦、代二郎夫妻を戸惑わせる。
しかし、結果は叶夢の言うとおりに…。さらに、帰京した小麦には家族にも明かせない秘密があった。君川家の人々は様々な困難を乗り越えながら、ケーキショップの再起を目指す。
 読みはじめは、お兄ちゃんが主人公だと思ったのですが…
「叶夢」くんのこともあるしね。
悪い人が全く出てこない夢物語なのですが、どうなんだろう?作者の本を始めて読むのですが、結果から書き始めているのかな?
2010.10.27 Wednesday 17:22 | comments(0) | - | 
<< ゆきむすめ―ロシアの民話 | main | 存在の美しい哀しみ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 17:22 | - | - |