<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

マリアビートル

評価:
伊坂 幸太郎
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2010-09-23)
Amazonランキング: 229位

JUGEMテーマ:読書
 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。
狡猾な中学生「王子」。
腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。
ツキのない殺し屋「七尾」。
彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―物騒な奴らが再びやって来た。
『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。
3年ぶりの書き下ろし長編。
 東京から盛岡までの新幹線の中の数時間の出来事なのだけれど、ツキがない人は一体誰なのか?
殺し屋、悪人が様々な工夫を凝らし(苦笑)、相手を出し抜こうとする。
イライラする場面も多いけれど、終わり良ければ全てOKですね。
2010.11.02 Tuesday 08:51 | comments(0) | - | 
<< 存在の美しい哀しみ | main | 往復書簡 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:51 | - | - |