<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

なくしたものたちの国

評価:
角田 光代
ホーム社
¥ 1,680
(2010-09-24)
Amazonランキング: 84725位

イラストと小説が響かせる、生きるよろこび
松尾たいこのイラストと、それをモチーフに描かれた角田光代の連作短編小説。
女性の一生を通して、出会いと別れ、生きるよろこびとせつなさを紡いだ、色彩あふれる書き下ろし競作集。
 筆者が巻末に書いていますが、松尾たいこさんのイラストがまずあってのお話だと思います。
こわいくらい静まりかえった不可思議な場所へ、わたしを連れていった。
まさにその通りだと思います。絵に合わせた不思議な物語です。
「なくしたものたちの国」いつかその国へ行くことができるかしら?
2010.11.05 Friday 14:40 | comments(0) | - | 
<< 往復書簡 | main | できれば機嫌よく生きたい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 14:40 | - | - |