<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

もしもし下北沢

評価:
よしもと ばなな
毎日新聞社
¥ 1,575
(2010-09-25)
Amazonランキング: 5120位

JUGEMテーマ:読書
 お父さんが知らない女と心中してしまった。
残された私は、自分の人生をやり直すため、下北沢に部屋を借り、近所の小さなビストロで働き始めた。
ところが、ようやく日常生活を取り戻しつつあった頃、突然お母さんが私の部屋に転がり込んできて、奇妙な共同生活が始まる。
決して埋めることのできない喪失感、孤独を抱える母娘を下北沢の街がやさしく包み込む――。
どこにでもある、でも、たったひとつの人と街の愛しい物語。
 下北沢という街は、二人(母娘)の喪失感を癒してくれる。
父を亡くした主人公は、実家を出て下北沢で暮らしはじめるのだが、実家から母がやって来てしまうため、いつのまにか共同生活が始まり、哀しみの中の二人は再生されていく。
2010.11.08 Monday 08:38 | comments(0) | - | 
<< できれば機嫌よく生きたい | main | お別れの音 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:38 | - | - |