<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

木暮荘物語

評価:
三浦しをん
祥伝社
¥ 1,575
(2010-10-29)
Amazonランキング: 1805位

JUGEMテーマ:読書
 小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人。
一階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。
二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。
その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。
一見平穏に見える木暮荘の日常。
しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。
それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。
 オンボロで防犯対策もなっちゃいないけれど、なぜだか味のある木暮荘。
そこに住まう大家さんと定員の半分ほどの住人たちと、その周囲の人々が、“セックス”を通しまた新たなる道を進んでいきます。
住んでみれば意外に住み心地が良さそうで住んでみたい気もしますが、このアパートから出ることが、更なる一歩へとつながりそうなので、皆さん、早く脱出してください(苦笑)
2010.12.02 Thursday 15:40 | comments(0) | - | 
<< 小さいおうち | main | 小暮写真館 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 15:40 | - | - |