<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

抱擁、あるいはライスには塩を

評価:
江國 香織
集英社
¥ 1,785
(2010-11-05)
Amazonランキング: 529位

JUGEMテーマ:読書
 三世代、百年にわたる「風変りな家族」の秘密
東京・神谷町にある、大正期に建築された洋館に暮らす柳島家。
1981年、次女の陸子は貿易商の祖父、ロシア革命の亡命貴族である祖母、変わり者の両親と叔父叔母、姉兄弟(うち2人は父か母が違う)の10人で、世間ばなれしつつも充実した毎日を過ごしていた。
柳島家では「子供は大学入学まで自宅学習」という方針だったが、父の愛人(弟の母親)の提案で、陸子は兄、弟と一緒に小学校に入学。学校に馴染めず、三ヶ月もたたずに退学する。陸子は解放されたことに安堵しつつ、小さな敗北感をおぼえる。そもそも独特の価値観と美意識を持つ柳島家の面々は世間に飛び出しては、気高く敗北する歴史を繰り返してきた。
母、菊乃には23歳で家出し8年後に帰ってきた過去が、叔母の百合にも嫁ぎ先から実家に連れ戻された過去がある。時代、場所、語り手をかえて重層的に綴られる、一見、「幸福な家族」の物語。
しかし、隠れていた過去が、語り手の視点を通して多様な形で垣間見え――。
 家族100年物語が、流行しているのでしょうか?先日読んだ「ツリーハウス」もそうですが、ある一家の戦前から戦後にかけて、現代へと続く物語です。
比べると、このお宅はお金持ちで、やってきた事柄は大差ない気がします。
残った(残された?自ら残ることを望んだ?)女たち3人は、小さな子どものままなのですね。
2010.12.10 Friday 16:47 | comments(0) | - | 
<< タイムスリップ紫式部 | main | 第二音楽室―School and Music >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:47 | - | - |