<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

セカンド・ラブ

評価:
乾 くるみ
文藝春秋
¥ 1,500
(2010-09)
Amazonランキング: 11916位

JUGEMテーマ:読書
 
『イニシエーション・ラブ』の衝撃、ふたたび。
1983年元旦、僕は春香と出会う。僕たちは幸せだった。
春香とそっくりな女・美奈子が現れるまでは。
良家の令嬢・春香と、パブで働く経験豊富な美奈子。
うりふたつだが性格や生い立ちが違う二人。
美奈子の正体は春香じゃないのか?そして、ほんとに僕が好きなのはどっちなんだろう。
 
『イニシエーション・ラブ』を読んだことがないので、この本の感想だけですけれど。
自分の彼女とそっくりな女の登場。
意味深な彼女の行動にイライラさせられますが、主人公はそんな状況に置かれていても、静かに大人しく待ち続け、そんな主人公に更にイライラさせられますね。
ここまで気づかないものかな?

2010.12.15 Wednesday 16:33 | comments(0) | - | 
<< 第二音楽室―School and Music | main | テティスの逆鱗 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 16:33 | - | - |