<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

ファミリー・シークレット

評価:
柳 美里
講談社
¥ 1,680
(2010-05-07)
Amazonランキング: 64122位

JUGEMテーマ:読書
 柳美里が小説に閉じ込めてきた「過去」と向き合った感動ノンフィクション
「柳美里に虐待疑惑」――臨床心理士・長谷川博一氏とのカウンセリングを受けながら、みずからの過去の闇を照らす作業に入る。
(柳美里のカウンセリングを行う長谷川博一氏は秋田連続児童殺害事件で畠山鈴香の心理鑑定を行うなど、心理療法、犯罪心理<心理学的鑑定>を専門とする臨床心理士。)
自身の虐待から、子どもへの虐待まで、赤裸々(?)に綴っているので、読むときは注意が必要です。
心の闇について語ったり、カウンセリング受けるということは、非常に難しい問題を含みますね。

また、自身のことだけでなく、有名な事件の被告についても語っていますが、そういう他人に対する言明は不要だったのではないでしょうか?
 
2011.01.24 Monday 08:55 | comments(0) | - | 
<< ベッドの下のNADA | main | 氷の華 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:55 | - | - |