<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

灰色の虹

評価:
貫井 徳郎
新潮社
¥ 1,995
(2010-10)
Amazonランキング: 35300位

JUGEMテーマ:読書
 身に覚えのない殺人の罪。それが江木雅史から仕事も家族も日常も奪い去った。
理不尽な運命、灰色に塗り込められた人生。
彼は復讐を決意した。ほかに道はなかった。
強引に自白を迫る刑事、怜悧冷徹な検事、不誠実だった弁護士。
七年前、冤罪を作り出した者たちが次々に殺されていく。
ひとりの刑事が被害者たちを繋ぐ、そのリンクを見出した。
しかし江木の行方は杳として知れなかった…。
彼が求めたものは何か。次に狙われるのは誰か。
あまりに悲しく予想外の結末が待つ長編ミステリー。
 「冤罪」何という重い犯罪なのだろう。
作りたくて作った「冤罪」ではないはずなのに、実際には起こってしまう。
多くの事件に対峙している人にとっては、いくつかの事件のうちの一つでしかないが、受けた者(関係者を含めると多くの人々)にとっては、人格をされるだけでなくすべての事柄を破壊されてしまう…
身近に起こりうる問題のため、怖くなります。
2011.01.26 Wednesday 08:29 | comments(0) | - | 
<< 飛水 | main | 御朱印ブック >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:29 | - | - |