<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

浮世女房洒落日記

評価:
木内 昇
ソニーマガジンズ
---
(2008-12)
Amazonランキング: 129996位

JUGEMテーマ:読書
 お江戸は神田の小間物屋、27歳ちょい年増、甘いものには目がないけれど、美肌の執着、果てはなし。
すっぽん、火消が大の好き、でもって、財布はスカンピン…
良しも悪しきもこの世のすべて、笑って怒って一年終わる―あぁ、こんな時代に生きてみたかった!江戸の女房の、せわしな楽し毎日。
 27歳。夫1人と息子と娘が1人、小間物屋の女房の日記なんですが、ところどころ解説を加えて情景が見えるような日記で、大変面白かったです。
大きな事件や事故などがあるわけではないけれど、いつの時代も同じような悩みを抱えて、日々の生活を送っている様子、まるで、本当の日記を読んでいるようです。
2011.01.27 Thursday 10:50 | comments(0) | - | 
<< 御朱印ブック | main | 蕃東国年代記 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 10:50 | - | - |