<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

お菓子の旅―春夏秋冬

評価:
甲斐 みのり
主婦の友社
¥ 1,470
(2010-03-29)
Amazonランキング: 286589位

JUGEMテーマ:読書
 春は松江、夏は京都、秋は松本、冬は金沢へ「お菓子の旅」をはじめ、日本各地の季節のお菓子を352点紹介。季節限定品からおとり寄せOKまで、手みやげ本・旅ガイドとして最適。

著者・甲斐みのりによる前作「甘く、かわいく、おいしいお菓子」の第2弾。
その土地ならでは生菓子、和菓子・洋菓子から、季節限定品、おとり寄せOKなお菓子まで、日本各地から厳選した“甘く、かわいく、おいしい”お菓子を352点紹介します。
章立ては5つ。1章「春の松江へ」、2章「夏の京都へ」、3章「秋の松本へ」、4章「冬の金沢へ」、5章「包み紙とお菓子の旅」。
各地の和菓子・洋菓子店やカフェ、茶室、窯元、民芸館まで、その土地のお菓子にまつわるスポットを巡りながら、お菓子をたのしむ旅を提案しています。そのほか、旬を味わう日本各地の「春のお菓子」 「夏のお菓子」 「秋のお菓子」 「冬のお菓子」、コラムでは「サイダー」「アイスキャンディー」「菓子パン」「修道院のお菓子」までとり上げ、手みやげ本としても、旅ガイドとしてもすぐ役立つ内容になっています。
お菓子…なんて甘い誘惑なのでしょう。 
こうして、素敵に取上げてもらえると、普段購入している地元のお菓子が特別なものに思え、特に気にかけていなかったパッケージや包装が、とてもかわいらしいものに思えてきます。
2011.04.19 Tuesday 08:33 | comments(0) | - | 
<< 円卓 | main | くるすの残光 天草忍法伝 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:33 | - | - |