<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

小夜しぐれ(みをつくし料理帖)

評価:
高田 郁
角川春樹事務所
¥ 620
(2011-03-15)
Amazonランキング: 1384位

JUGEMテーマ:読書
 季節が春から夏へと移ろい始める卯月のある日。
日本橋伊勢屋の美緒がつる家を訪れ、澪の顔を見るなり泣き始めた。
美緒の話によると、伊勢屋の主・九兵衛が美緒に婿をとらせるために縁談を進めているというのだ。それは、美緒が恋心を寄せる医師、源斉との縁談ではないらしい。果たして、美緒の縁談の相手とは!?―
(第三話『小夜しぐれ』)。表題作の他、つる家の主・種市と亡き娘おつるの過去が明かされる『迷い蟹』、『夢宵桜』、『嘉祥』の全四話を収録。
恋の行方も大きな展開を見せる、書き下ろし大好評シリーズ第五弾。
 いよいよ第5弾。「つる家」の種市さん、芳さん、美緒さん、そして小野寺様のことなど、澪さんの周囲の人々の過去や動向が中心になり、変化を予感させる1冊だと思います。
表紙のイラストのような下がり眉の澪さんの作る季節の心温まる料理を読んでいると、温かい気持ちにさせられ、食べることの大切さを感じさせられます。
2011.05.27 Friday 08:37 | comments(0) | - | 
<< ばらばら死体の夜 | main | 花ならば花咲かん >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 08:37 | - | - |