<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

統ばる島

評価:
池上永一
ポプラ社
¥ 1,575
(2011-03-11)
Amazonランキング: 32105位

JUGEMテーマ:読書
 『テンペスト』の池上永一が出身の地を舞台に、満を持して放つ八つの島の物語
すばる【統ばる】(動)集まって一つになる(大辞泉より)
空に星座があるように。
人と人、人と島、島と島、すべては繋がってこそ輝きを増す。
祭の島、竹富島では、女は踊り、男は狂言を舞う。
最南端の波照間島では、さらに南にあるという、伝説の楽園を目指す娘がいた――
沖縄・八重山諸島の八つの島々を舞台に紡がれる物語は、島ごとに異なる色を見せ、最後には鮮やかに織り上げられる。
豊穣な物語の祝福がここに。
沖縄に、八重山諸島には本土とは違う風景、匂いがあるに違いない。
ここにある八つの物語は、どれも「あぁ、あの島ならあることなのかもしれない」と思わされてしまう話であり、物語というよりもまるで伝承されているような話ばかりです。
熱気と風習、土地柄にずっと住まう人がいれば、呼ばれてくる人もいる。そして、忠告を与えているというのに、誘われてしまう人々もいる。
そして、そんな島々をつなぐ人・物語が、また、あるのです。
2011.06.02 Thursday 13:21 | comments(0) | - | 
<< 夫の彼女 | main | 魔女は甦る >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:21 | - | - |