<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

魔女は甦る

評価:
中山 七里
幻冬舎
¥ 1,470
(2011-05)
Amazonランキング: 21624位

JUGEMテーマ:読書
 埼玉県の長閑な田園地帯で、肉片と骨の屑のようなバラバラ死体が発見された。
被害者は現場近くにある製薬会社・スタンバーグ製薬に勤めていた桐生隆。
仕事ぶりも勤勉で質素な暮らしを送っていた青年は、なぜ殺されなければならなかったのか?
埼玉県警捜査一課・槙畑啓介は捜査を続ける過程で、桐生が開発研究に携わっていた“ヒート”と呼ばれる薬物の存在を知る。
それは数ヶ月前、少年達が次々に凶悪事件を起こす原因となった麻薬だった。
事件の真相に迫るほど、押し隠してきた槙畑の心の傷がえぐり出されていく。
過去の忌まわしい記憶を克服し、槙畑は桐生を葬った犯人に辿り着けるのか。
 バラバラ死体となって発見されたその男に、何があったのか?
どうして、こんな風になってしまったのだろう?
前半のドキドキハラハラ感が良かっただけに、後半から解決に至るまでが“痛い”気がします。
ありそうで、なさそうな話ですね。いや、ありそうなのか?(苦笑)
2011.06.03 Friday 13:35 | comments(0) | - | 
<< 統ばる島 | main | ロマンス >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 13:35 | - | - |