<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.04.19 Friday  | - | - | 

トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ

評価:
池上 永一
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2011-05-31)
Amazonランキング: 16256位

JUGEMテーマ:読書
 
19世紀、『テンペスト』と同じ時代の琉球王朝。新米岡っ引きとして少しずつ大人への階段をのぼる武太。水不足の村の窮状、盗みを働いた貴婦人、謎の風水師の秘密……
今回も6つの難事件が立ちはだかる!
 続編ということを知らずに読み始めましたが、前作を読んでいなくても、十分に楽しめる1冊です。
「琉球」という、日本であって日本でないような地で、天候に左右されながら、お役人の圧制に苦しみながら、それでも庶民は精一杯がんばって生きていく。
たくましさともの悲しさとともに、がむしゃらなだけで役に立っているのか(?)という主人公(武太)の情の厚さを楽しめます。
2011.07.07 Thursday 11:20 | comments(0) | - | 
<< トッカンVS勤労商工会 | main | エグゼクティブ・プロテクション >>

スポンサーサイト

[ - ]
2013.04.19 Friday 11:20 | - | - |